弁護士・弁理士紹介

常本 俊幸弁理士

【ご挨拶】

弁理士の常本俊幸と申します。

当事務所では,権利化の専門家である弁理士と,争訟を解決する専門家である弁護士が協働し,特許や商標の国内・海外の出願はもちろん,知財戦略の企画立案,知財係争に対する予防法務,企業間の各種契約を含むワンストップサービスの提供を行っております。

完成した技術の特許申請だけでなく、開発現場でアイデアを育てる段階から関与させていただき、最適な知財戦略やブランド化戦略を皆様と一緒に考え、皆様の競争力を強化していくことに貢献できるよう努力して参ります。

知的財産専門サイト【知財戦略パートナーズ】のWebサイトはこちら


【経歴】
大学卒業後、大手電機メーカーにエンジニアとして勤務。
大規模集積回路(ゲートアレイ)の開発などコンピューター機器のハードウェアの研究開発に携わる。

その後、中堅企業(IT関連及びエレクトロニクス関連機器メーカー)で、OCR(光学文字認識処理装置)などの製品開発のプロジェクトリーダーを務める中で、当時その企業には無かった知財部門の創設を提案、立ち上げを行うとともに、発明の発掘や、特許・商標の出願はもちろん、知財戦略立案、社員教育、他社との契約などの分野で幅広く知財活動の推進を担った。

企業の研究開発部門および知財部門における知財活用の経験や、会社在職中にロースクールに進学して法律全般の実務知識を学んだ経験を活かして、理系と文系の幅広い視点から問題解決にあたる。

【学歴】
北海道大学工学部電子工学科卒業
北海道大学法科大学院法学研究科法律実務専攻(ロースクール)修了 法務博士

【得意分野】
知的財産全般(特許出願,商標登録出願、知財関連契約)
特に農林水産、食品加工、機械、土木建築、医療・福祉、生活用品、電気電子、制御、ビジネスモデル、IT、IoT、AIなど。

【資格】
弁理士(2002年)
気象予報士
日本スキー連盟スキーインストラクター(準指)

【所属団体】
日本弁理士会
人工知能学会
日本スキー連盟

【役員等】
日本弁理士会 北海道会 役員 幹事(2020年4月1日~)
日本弁理士会 研修所 運営委員(2021年4月1日〜)

【趣味・特技】
スキー/野生動物の写真撮影

弁護士・弁理士一覧

  1. 長友 隆典

    代表弁護士
    札幌弁護士会

  2. 徳永 賢太郎

    弁護士
    札幌弁護士会

  3. 西村 美香

    弁護士
    札幌弁護士会

  4. 常本 俊幸

    弁理士

PAGE TOP