弁護士・弁理士紹介

常本 俊幸Toshiyuki Tsunemoto

弁理士の常本俊幸と申します。

当事務所では,権利化の専門家である弁理士争訟を解決する専門家である弁護士が協働するほか,ITやAI技術を活用して知財業務の効率化を進めるなど、これまでにないサービスの提供を目指しております。

企業での研究開発や企業の知財部門での経験を活かして、北海道の企業の皆様のお力になれるよう努力していきたいと考えておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

【知的財産のページはこちら】

【経歴】
大学卒業後、大手電機メーカーにエンジニアとして勤務。
大規模集積回路(ゲートアレイ)の開発などコンピューター機器のハードウェアの研究開発に携わる。
その後、中堅企業(IT関連及びエレクトロニクス関連機器メーカー)で、OCR(光学文字認識処理装置)などの製品開発のプロジェクトリーダーを務める中で、当時その企業には無かった知財部門の創設を提案、立ち上げを行うとともに、約20年間、企業内の知財活動の推進を担った。
在職中に休職してロースクールで法律全般の実務知識を学び,理系と文系の幅広い視点から問題解決にあたる。

【学歴】
北海道大学工学部電子工学科卒業
北海道大学法科大学院法学研究科法律実務専攻修了 法務博士

【得意分野】
知的財産全般(特許出願,商標登録出願、知財関連契約):特にIT関連、IOT、AI、機械、食品、土木、農林水産業関連等。

【資格】
弁理士試験合格(2002年)
気象予報士試験合格(1999年)
日本スキー連盟スキーインストラクター(準指)(1993年)

【所属団体】
日本弁理士会
人工知能学会
気象学会
日本スキー連盟

【趣味・特技】
スキー/野生動物の写真撮影

弁護士・弁理士一覧

  1. 常本 俊幸

    弁理士

  2. 長友 隆典

    代表弁護士
    札幌弁護士会所属

  3. 西村 美香

    弁護士
    札幌弁護士会所属

  4. 井上 大造

    弁護士
    札幌弁護士会所属

PAGE TOP